金型部 品質管理課
 三浦 典子 (2004年入社)
 

 金型の品質検査を担当しています。金型部でつくられた  
 金型部品が設計どおり製造されているかをチェックする仕事です。  
 マイクロメーターや顕微鏡などを使いミクロン単位で検査します。
山一精工の品質の源は金型設計の「寸法公差」設定。コストパフォーマンスを考え、要求精度を満たし、量産に耐えられる金型をつくるためには製品に応じた絶妙な公差の設定がなされなくてはなりません。品質管理部門は当社の品質レベルを守るための重要なセクションです。先輩方の仕事を見ていると、とにかくスピーディー。どこがダメとの発見も早いですが、どのように追加加工すればよいのか、その方法までもキチンと製造部にフィードバックしている。道は遠いですが、がんばって見習っていきたいと思います。

 金型部 製造課
 越農 丈史 (2005年入社)
 

 ミクロン単位の精度で精密な金型をつくっている、というところに  
 惹かれて入社しました。実際に仕事をしてみると、想像していた  
 以上に高度なことをやっているのにびっくり。いま携わっているのは  
放電加工用の電極づくりです。つまり金型を加工するための道具をつくっています。放電加工というのは、金型の材料となる鋼のブロックに、銅製の電極を当て放電して任意の形をつくり出していくのですが、求める金型の寸法精度を出すためには、電極の寸法を微妙に変化させなくてはなりません。どのような変化が最適なのかという、さまざまなパラメータが社内には蓄積されているのですが、それを使いこなすこと自体が難しい。だいぶ慣れてきましたが、試行錯誤の毎日です。入社して間もないですが、これまでパソコンのハードディスク読み取りヘッド収納用部品とか、精密コネクターのパーツ部品などの金型づくりに携わりました。ものづくりの仕事の大変さと面白さを実感する毎日です。
山一精工株式会社
本社所在地 〒920-0211 金沢市湊3丁目8番9
tel 076-237-1110
代表者 代表取締役社長 中野 秀樹
人事担当部課 管理部 総務課
資本金 9,500万円
年商 73億円
従業員数 男子200名 女子90名
合計290名
事業内容 精密プラスチック成形用金型の設計・製造
精密プラスチック成形品の製造
支店営業所 京都事業所
工場 本社工場、白山工場、京都工場、東莞工場(中国)
大連金型・成形工場(中国)
採用職種 開発技術、設計技術、製造、営業
勤務予定地 @石川県(金沢市、白山市)
A京都府(京都市)
勤務時間 8:30〜17:30
休日休暇 日曜・祝日・年末年始(年間110日)
初任給(大卒) 総合職198,000円 ・担当職184,500円
諸手当 交通費、各種手当
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)
業績により決算賞与 年1回
採用実績 2015年 大学院卒0名、四大卒2名、
       短大・専門学卒1名・高卒7名
2014年 大学院卒0名、四大卒1名、
       短大・専門学卒0名・高卒6名
2013年 大学院卒0名、四大卒1名、
       短大・専門学卒0名・高卒6名
全学部対象  
応募書類 ・履歴書・成績証明書
・卒業見込証明書
選考方法 ・書類選考 ・面接
・筆記試験(常識・作文)・適性検査
書類提出先 管理部総務課
〒920-0211 金沢市湊3丁目8番9
tel 076-237-1110
会社訪問希望の方は、事前にご連絡ください。